お役立ちコラム

マラソン、トライアスロン、自転車などのスポーツ関連や大会に向けての準備など
お役立ち情報を発信しています。ぜひご覧ください!

マラソン

2019/1/15

総合格闘家 宇野薫が走る続ける理由(前編) 「ファッションの延長線上にランがある」

お洒落で強い、総合格闘技界のパイオニアとしてリングだけでなく、オリジナルアパレルブランド(ワンハンドレッドアスレチック)を立ち上げたり、ファッションモデルやメディアでの幅広い活躍を続けて20年。そんな宇野薫さんも40代に突入して、ライフスタイルの中でとても大切にしている、ひとつがランニング。宇野薫さんならではのこだわりや楽しみ方を伺ってきました。

──宇野さんは頻繁に走っていらっしゃいますよね。

僕の場合、ランと言ってもフルマラソンに出るためとかではなくて、あくまでコンディション管理の一環としてやっています。総合格闘技をやっているので、その中の体重管理がメインの目的ですね。

──ランニングに関するFacebookの投稿が多くていつも楽しく拝見しているのですが、宇野さんのランニングはプロ格闘家になってから始められたのですか?

格闘技をやっているので体重管理は重要視しているのですが、年齢を重ねていくにつれて減量することが難しくなってきたんですよね。ただ減らせばよいわけではなく、筋肉量は残しつつ体脂肪を減らしていく必要があるので。
そんな中、今のトレーナーと相談してランニングのような有酸素運動を続けることを勧められました。それが僕にとって非常に効果的で、そこから積極的に走るようになったと思います。
もちろん、これまでも走ってはいたんですけどね。階段ダッシュやトレイルランニングも含め強度が高めな種目をやってきました。
今では軽いランニング、ジョギングがメインになってきたのはここ10年位ですね。

──朝のランニングをよくされていますよね。これはランニング始めた当初から続けているんですか?

結婚して子供が生まれてからですね。家庭の時間ができたことで練習する時間がなかなか取れなくなってきた時期があって。そんな中で子供を幼稚園に送って行った帰りに走り出したのが朝ランのきっかけでした。
帰り道を30〜40分位かけて走りました。時間を有効に活用できてよかったです。まぁ、子供が大きくなった今は、自分のタイミングで走るようにはしています。

──ランニングは休み無しでずっと続けられていますか?

トレーニング自体は毎日続けていますけど、ランニングはその時のコンディションにあわせています。後はその日に行ったトレーニングのボリュームを加味しつつ、走らない日もありますよ。

──朝ランを続けることで、自分の中で効果を感じられたことはありますか?
朝ランに限らずですが、ランニングってウェアとシューズがあればどこでもできますよね。僕は地方だったり海外に行く機会が多いんですけど、その時はウェアとシューズを準備して行って、タイミング見つけて走ったりしてるんですよ。そういった意味では時間の使い方が上手くなったなと感じますね。

──走る時に自分なりのこだわりや楽しみ方はありますか?


モノが好きなので、新しいギアを試すのが楽しみだったりしますね。音楽を聴きながら走るのであればイヤホンだったり、時計であったりサングラスであったり、ランニングシューズも色んなブランドを試しながら走りますよ。シューズが大好きなもので。

──シューズだと何足くらいお持ちですか?


昔はもっとありましたけど、今でも100足くらいはあります。
シューズに詳しい人やランニングが好きな人に良いシューズの情報を仕入れては試しています。ウェアもそうですね。シューズとコーディネートして走るのが好きです。

──大きなマラソン大会にも走られた経験がありますよね。その際のシューズ選びも色々試した中で選ばれてるんですか?
そうですね。履きやすさもありますし…あとはなんと言ってもウェアとの相性ですね!笑
出る大会に関してはウェアを先行で決めて、それに合う履きやすいシューズを選んでいます。

──いろんなモノを試した情報や感想をSNS等で発信したりはされますか?
言葉で発信するのは苦手なのでそういったことはあまりしてないですけど、写真に撮ったりハッシュタグをつけて共有したりはしています。周りからよく聞かれるんですよね。

──ランニングを通してギアやファッションを心から楽しまれてるんですね。
僕の中ではファッションの延長線上にランがあるんでしょうね。雑誌読むときやスポーツ用品店に行った際は必ずウェアやシューズをチェックしちゃいます。良いものを見つけたらそれをモチベーションにして走って…っていうのが僕のランニングの楽しみ方の一つですね。

他の記事を見る