お役立ちコラム

マラソン、トライアスロン、自転車などのスポーツ関連や大会に向けての準備など
お役立ち情報を発信しています。ぜひご覧ください!

マラソン

2019/11/21

【“無理なく、ケガなく”全員完走を目指す!】『AFM公式ランニングクリニック produced by LAWSON DO! SPORTS』-第2回活動レポート-

10月26日(土) 前回同様、帝京科学大学のトラックをお借りして、『AFM公式ランニングクリニック produced by LAWSON DO! SPORTS』の第2回練習を行いました。

※第1回の活動風景はこちら

はじめに前回の宿題となっていた15種類の基礎トレーニングの成果をペアとなって、採点・確認を実施しました。

前回のクリニックから約1か月という短い期間ではありましたが、皆さんしっかりと取り組んでいただいたようで、初回よりもレベルアップしている様子を感じられました。

基礎トレーニングチェックでウォームアップを行った後は、各自のランニングフォームのチェックのため、ゆったりとしたペース(9分/km )で走る様子をビデオに撮影し、各自のフォームのチェックを行いました。

自分のイメージ通りに身体動かすというのは、トップアスリートでもとても難しいものです。
実際に撮影された自分のランニングフォームを観て、『思っていたよりも腰が落ちている』、『もっとカッコ良く走れていると思っていた』などという声が聞こえてきました。

走りながら意識をするだけではなかなか“正しいフォーム”を身につけることは出来ません。
正しいフォームを習得するためには、身体に意識付けを行う“ドリル”という練習が効果的です。

ドリル練習は、良いイメージを身体に覚えさせるのが目的となります。
今回のクリニックでは、以下の3種類のドリルを行いました。

①Aスキップ⇒自然に大腿部(ふともも)が上がるようになる

②Bスキップ⇒余計な力が抜ける。着地の瞬間に膝が伸びるようになる。

③腰と地面が平行に(身体の上下動が少なく)移動が出来るようになる。

少しずつ良いイメージを持てたようですが、何も考えなくても正しいフォームが出来るようになるためには、まだまだ時間が必要ですね。
これから一緒に少しずつ身につけていきましょう!

ドリル終了後は、各自の気持ちよく走れるペースでグラウンドを周回しました。

このときには、
①普段よりも意識的に胸を張る
②歩幅(ストライド)を広げすぎない
の2点を意識してもらいました。

普段の練習でも意識して走るようにしてくださいね!

今回はランニングが終わった人から、自然にストレッチを行う流れが出来ていました。
とても素晴らしいです!ケガの防止のために、これからもこの習慣を続けていきましょう!

そして、今回はキリンビバレッジ株式会社様からご提供いただいた「キリン サプリ プロテイン」を練習後にお配りしました。
ハードなトレーニングを行った後は、しっかりタンパク質を摂取して身体の回復をサポートすることが大切です。
特にトレーニング直後の45分以内は「ゴールデンタイム」と呼ばれ、タンパク質を摂取するのに理想的なタイミングと言われています。

食事で上手く補えるのが理想ですが、トレーニング直後は食欲が湧かなかったり、料理をしているうちに45分が経ってしまうことも...
そんなときには「キリン サプリ プロテイン」のようなプロテイン入りのドリンクで、手軽にタンパク質を補給しましょう!

クリニック参加者の中に、普段からプロテインを飲まれている方が1名いましたが、とても飲みやすいと好評でした!
KIRIN様ありがとうございました!!

そして練習終了後は、恒例となってきた懇親会を「目利きの銀次 北千住西口駅前店」で行いました!
今回は(株)モンテローザ様のご厚意により、嬉しいTeam AFMの横断幕を作っていただきました!!

横断幕と懇親会のおかげで、さらにフレンドリーになってきた気がします!
このままの調子で、今後も楽しんでいきましょう!!

次回の練習は、11/30(土)となっております。
皆さん、フォームを崩さずに走れる距離を少しずつ伸ばしていきましょうね!

(了)

他の記事を見る